パパ活を行う上でのマナーやルールとは?重要な食事のマナーもご紹介!

パパ活に限らず、最低限のマナーやルールを守ることは生きていく上でとても大切なこと。

マナーやルールを守れないような人とは、付き合いをしたくないと感じる人が多いです。

この記事では、パパ活を行う上でのマナーやルールをご紹介。とくに食事のマナーを重視する男性が多いため、食事中のマナーについて詳しく解説しています。

パパ活のやり方のひとつとして様々なパパ活のマナーやルールを知り、パパに気に入られるような女性になりましょう。

  • 掲載サービスにはPRが含まれる場合があります。コンテンツ内容はすべて当サイトで独自に制作しております。
目次

パパ活で男性に好かれるのは「マナーが良い人」

パパ活で男性に好かれるのは、単に容姿が綺麗でスタイルが良い女性というわけではありません。

いくら容姿が美しくても、マナーが悪いような女性は避けられてしまいます。

実際に、SNSではマナーの悪い女性に対して強い憤りを感じているパパが多数。

スクロールできます

パパ活でパパになるような男性は経営者や会社役員の方が多いため、普段からマナーに気をつけて過ごしています。

そのため、一緒に連れて歩く女性にもマナーの良さを求めているのです。

パパ活に関係なく、マナーが良い人は魅力的なもの。最低限のマナーやルールは知っておきましょう。

パパ活の基本的なマナーやルール

パパ活の基本的なルールやマナーを8つご紹介します。

  • 遅刻やドタキャンはしない
  • 身だしなみを整えておく(歯・爪・髪など)
  • パパの許可なく写真を撮らない
  • 会話の話題を用意しておく
  • 個人情報を聞かない
  • 言葉遣いに気をつける
  • 食事のマナーに気をつける
  • 挨拶やお礼は忘れずにする

パパ活するときの参考にしてください。

遅刻やドタキャンはしない

パパ活に限らず大切なことですが、遅刻やドタキャンは絶対にNGです。

どうしてもやむを得ない事情で遅刻や急なキャンセルをする場合、なるべく早めにパパへ連絡を入れましょう。

パパ活でパパになるような男性は多忙なことが多く、忙しい中で時間を作ってくれています。

時間に対する意識は、一般の男性よりも高いです。パパ活で遅刻やドタキャンをした場合は、ほぼ即切りされるでしょう。

遅くても5分前には到着するように家を出る、確実に空いている日に予定を立てるなど、遅刻やドタキャンをしないように対策を立てておくことが大切です。

身だしなみを整えておく

身だしなみを整えておくことも、とても大切なマナーのひとつです。

具体的には下記のような部分を整えておきましょう。

身だしなみ一覧
  • 歯を磨いてデンタルフロスをする
  • 口臭ケアをする
  • 爪を磨いて綺麗な状態にする
  • 髪はアイロンなどでまとまりを作る
  • 香水は適量にとどめる
  • 服に汚れや毛玉がない状態にする

身だしなみを整えておくことで、相手に清潔感のある印象を与えることができます。

パパに「これからも会いたい」と思ってもらうためにも、身だしなみは整えておきましょう。

パパの許可なく写真を撮らない

パパに許可を取らずに写真を撮ることもマナーとしては良くありません。

パパによっては立場上、写真を撮られたくないという方もいます。

たとえ自撮りであったとしても、一緒にいる男性は不愉快に感じてしまうこともあるでしょう。

どうしても写真を撮りたいのであれば、マナーとしてもパパの許可を取ってからにすると良いです。

会話の話題を用意しておく

ざっくりとでもよいので、パパと会う前には事前にどのような話をするのか考えておきましょう。

相手任せで自分から会話を盛り上げようとしないPJは、パパに嫌われます。

「パパ活はパパに楽しい時間を過ごしてもらうことで、対価としてお手当をもらえる活動」だということを忘れないようにしましょう。

ちなみに、話題は男性の趣味や好きなことなどを題材にすることがおすすめです。

個人情報を聞かない

親しくなってきた頃にやってしまいがちなのですが、パパの個人情報を聞くのもNGです。

たとえば、勤めている会社の名前や家族構成、住んでいる場所などが当てはまります。

パパは普段の生活を忘れ、楽しい時間を過ごしたいと考えてパパ活していることがほとんど。個人的なことを聞かれると興醒めしてしまうのです。

パパから話してくれる分には問題ありませんが、こちらからは個人情報を聞かないようにしましょう。

言葉遣いに気をつける

意外と忘れがちなマナーは言葉遣いに関することです。

普段から綺麗な言葉遣いをしている方は問題ありませんが、人によってはタメ口を使う、敬語が正しく使えないといったことも。

パパ活のときだけでなく、普段の生活でも気をつけていなければ急に正すのは難しいでしょう。

みゆ

綺麗な言葉遣いをしている芸能人を見つけて、言葉遣いをマネしてみることがおすすめです。

食事のマナーに気をつける

パパ活で男性がもっとも気にするのは、食事に関するマナーです。

クチャクチャと音を立てて食べる、ナイフやフォークの持ち方が悪いなど、テーブルマナーができていない女性は次回以降の食事に誘われなくなります。

一緒にいる人のマナーが悪いと恥をかいてしまうので、食事のマナーを厳しく捉えているパパは多いです。

食事のマナーについて詳しくは後述するので、参考にしてください。

挨拶やお礼は忘れずにする

人として当たり前のことかもしれませんが挨拶やお礼は必ずしましょう。

パパと過ごすことに慣れてきた女性で、挨拶やお礼をしなくなってしまう人が多いです。

しかし、いくら親しくなったとしても人としての礼儀を忘れてはなりません。そういった点をパパはよく見ています。

会ったときや別れ際の挨拶もそうですが、食事の際の「いただきます」や食事後の「ごちそうさまでした」も欠かさないようにしましょう。

みゆ

デートの後には必ず「ありがとうございました」と連絡を入れることも忘れないように。

パパ活で食事マナーは重要!食事へ行く際のマナー

パパ活の様々なマナーやルールについて解説しましたが、もっとも重要なのは食事マナーです。

食事へ行く際のマナーについて知っておきましょう。

  • ドレスコードを調べておく
  • 荷物は最小限にとどめる
  • 待ち合わせの10分前には着くようにする

ドレスコードを調べておく

食事へ行く前に、予定しているレストランのドレスコードを調べておきましょう。

ドレスコードとは場所ごとに定められている「服装規定」のことです。

ドレスコードの種類
引用元:IKINA
  • スマートカジュアル
  • インフォーマル(略礼装)
  • セミフォーマル(準礼装)
  • モストフォーマル(正礼装)

パパが連れていってくれるような高級レストランは、ドレスコードがある場合がほとんど。

必ず事前にドレスコードを調べておき、ドレスコードに合った服装をして行きましょう。

荷物は最小限にとどめる

食事に行く際の荷物は最小限にとどめておくことも大切です。

これから食事に行くという場面で大きな荷物や複数のショッピングバッグなどを持っていると、パパに敬遠されてしまうでしょう。

先述したドレスコードに合わせて、小さなバッグを1つ持っていくくらいが理想です。

待ち合わせの10分前には着くようにする

冒頭でもふれましたがパパ活で遅刻は絶対にNG。待ち合わせの10分前には着くようにしましょう。

早めに待ち合わせ場所へ着くためには、下記のような対策をとっておくとよいでしょう。

遅刻しないための対策例
  • 待ち合わせ場所までの所要時間を調べておく
  • 前日に着替えを準備しておく
  • 当日は起床時間を普段より1時間早める
  • 余裕をもって準備を終える

これらの対策をとっておけば時間に遅れることはありません。

ただし、電車の遅延などによってやむを得ず遅れてしまうこともあるかもしれません。

そういった場合は早い段階でパパに連絡し、なぜ遅れるのか、どのくらい遅れそうかを謝罪の言葉とともに伝えましょう。

パパ活で重要な食事に関する5つのマナー

先ほども少しふれましたが、パパ活でもっとも重要なのは食事のマナーです。

最低限の食事マナーとして5つご紹介します。パパと食事に行く際の参考にしてください。

  • 音を立てない
  • 食べかけのものは皿に戻さない
  • 口に食べ物を入れたまま話さない
  • スマートフォンを触らない
  • 料理は一口ずつ切り分ける

1.音を立てない

食事の際はできるだけ音を立てないことが大切です。

クチャクチャと咀嚼音を出すことはもちろんNGですが、ガチャガチャと食器同士が当たる音を立てるのもアウト。

完全に音を立てないようにする必要はありませんが、咀嚼音と食器の音は立てないように注意しましょう。

2.食べかけのものは皿に戻さない

食事のマナーとして、食べている途中のものをお皿に戻すのもNGです。

パスタなどの麺類を食べているときにやってしまいがちですが、一口で食べられる量だけを取るようにしましょう。

コツとしては自分が普段食べている一口よりも、やや少なめの量を取るようなイメージです。

3.口に食べ物を入れたまま話さない

口に食べ物が入っている状態で話すことも、食事マナーとしては良くありません。

食べ物を口に入れたままで話をすると、口に入っている食べ物が飛んでしまうなど、相手に不快感を与えてしまいます。

食べている最中にパパから話しかけられたとしても、きちんと飲み込んでから返事をしましょう。

4.スマートフォンを触らない

食事中にスマートフォンを触ることも、食事マナーとしては最悪の行動といえます。

食事中に限らず、スマートフォンを触ってばかりいると「一緒にいたくないのかな」と感じてしまいますし、不愉快な気持ちになります。

基本的にパパといるときはスマートフォンをいじらないようにしましょう。

5.料理は一口ずつ切り分ける

お肉などの切り分ける必要がある料理をはじめに全て切ってしまうのはNG。

食べる分だけ切り分けていくことがマナーです。

自分が一口で食べられる分量を食べるたびに切り分けるようにしましょう。

パパ活で良好な関係を築くにはマナーが重要!

パパ活でパパとの良好な関係を築くためには、正しいマナーを身につけることが大切です。

マナーが身についていないような女性はパパに嫌われてしまいます。

ご紹介したマナーやルールを参考にしながらパパ活を成功させましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

学生の頃から学費のためにパパ活を始め、現在はパパ活歴3年目のOL。過去のパパ活経験をもとに記事を書いてます。
目標金額を貯金できたらパパ活卒業予定。

目次